このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

気仙沼市の復興とともにぐんぐん育って!伊那の桜を植樹

更新日:2017年5月26日

タカトオコヒガンザクラを植樹

復興への願いをこめて!伊那の桜を気仙沼市立病院へ植樹

5月24日(水曜日)、宮城県気仙沼市の新しい市立病院で伊那市の花 タカトオコヒガンザクラの植樹式が行われ、伊那市から白鳥市長、苗木提供者の守屋源一さん、発案者の元派遣職員 北原浩一さん、桜守の西村一樹さんらが出席し、菅原茂 気仙沼市長らとともに参加しました。

病院をぐるっと囲むように植えられているシダレザクラ40本に加えて、新しい病院の正面玄関横にシンボルツリーとしてタカトオコヒガンザクラ2本が植えられました。

これは、全国のみなさんから寄せていただいたふるさと納税を活用して取り組む「気仙沼さくら復活プロジェクト」で、多くの人の思いや願いが込められました。

気仙沼市では、復旧工事に伴い街なかの多くの桜が伐採されているそうです

東日本大震災から6年余り。気仙沼市の街なかは復旧復興へ向けて力強くすすんでいました。こうしたなか、被災市街地の復興土地区画整理事業などにより、多くの桜の木が伐採や移殖され、桜の名所が失われてしまったり、さくら祭りが開催できない状況が余儀なくあるそうです。

気仙沼市で植樹した桜は伊那市高遠町で大切に育てられてきました

今回、気仙沼市へ贈る桜は、高遠町の守屋源一さんが育てたシダレザクラや伊那市振興公社の桜守(桜を守り育てる職人)西村一樹さんらが管理してきたタカトオコヒガンザクラです。今年3月には移殖する準備「根回し作業」などを行い、4月には伊那の地で、気仙沼行きのタカトオコヒガンザクラが満開となりました。

気仙沼市と伊那市の繋がり、3年前の気仙沼市の様子などを映像でご覧いただけます

この番組は平成26年3月に放送した伊那市広報番組です。当時、伊那市から気仙沼市へ復興支援として派遣されていた職員の様子や、伊那市職員が気仙沼市を訪れた様子などをまとめた番組です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

フォトライブラリー

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠1806番地 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る